仙台労働災害相談 営業:仙台駅前法律事務所

ご相談・お問い合わせ TEL:022-290-1350 受付時間11:00〜20:00 24時間受付 ご相談予約フォーム
労働災害で怪我をされた方へー 会社に対する損害賠償、慰謝料の請求や後遺障害を適正に認めてもらい、交渉することで受け取れる金額が大きく変わります。
  • 労働災害に精通!豊富な相談・解決実績
  • 事故直後からサポート可能 治療や通院のアドバイスも
  • 地域の医療機関、保険会社の情報を把握
賠償金が増えなかったら、弁護士への報酬は発生しません! 相談無料、着手金無料、報酬後払い、いつ依頼しても同じ費用

※「賠償金が増えなかったら、弁護士への報酬は発生しません」・・※身体の怪我・死亡事故に限ります

より高い後遺障害の等級が認定されると、
より高額な賠償金を獲得することができます

障害等級は、労基署が1~14級まで規定した障害等級表にあてはめて認定することになっています。
障害等級によって、障害(補償)年金、障害特別支給金、障害特別年金などの給付金が大きく変わってきますので、どの等級に認定されるのかは被災労働者にとってとても重要な問題となってきます。

例えば、「7級」か「8級」かで、半永久的に支払われる年金方式か否かが変わり、労災保険により支払われる総額が全く異なってきます。
また,会社に安全配慮義務違反等の責任がある場合に会社に対して損害賠償をするときも、障害等級認定がされているか否かで賠償額が著しく大きく変わってきます。

したがって、被害者様やその家族にとって充実した補償を受けるためには、症状に応じた適切な障害等級認定がされているかどうか非常に重要になります。

1.治療中の方へ

主治医の指示にしたがい、定期的に通院し、痛みやしびれなどは、きちんと主治医に伝えましょう。
原因究明のため、画像検査や専門医の診察を受けましょう。

2.後遺障害が残りそうな方へ

この場合は今後の生活の保障のためにも充実した賠償が必要かと思います。
そのために適切な障害等級認定がなされる必要があります。
障害等級認定において後遺障害診断書がきちんと作成されているかが大事になってきます。

しかし、後遺障害診断書がきちんと作成されているか判断することはとても難しいことかと思います。
医師もほとんど労災保険の障害等級認定制度の内容を知りません。
後遺障害診断書は、きちんとした補償を受けるためにもっとも重要な証拠です。
後悔しないように、事前に後遺障害に精通している弁護士に相談することをお勧めします。

3.障害等級認定がされた方へ

認定等級が正しいのか,ご自身で判断するのは不可能に近いと思います。
障害等級表には,例えば「局部に神経症状を残すもの」(14級9号)としか記載されておらず、どのようなものが認定されるのかは全く分かりません。

この障害等級表の認定基準を詳細に記載された認定基準がありますが、一般の方がこれを理解するのは無理がありますし、その行間や実務的な運用などを含めて判断するのは不可能です。
ですので,等級認定が行われたときには是非とも適切な障害等級認定がされているのか、専門家(弁護士)に相談してみて下さい。

本当に十分な補償を受け取れていますか?
示談交渉や損害賠償の請求で、金額は大きく変わります

弁護士が代理で戦い、賠償金を獲得した事例は数多くあります

  • 解決事例アイコン
  • 依頼前
  • 依頼後
  • プレス機に挟まれ
    指を複数切断

  • 支払わず
  • 裁判

  • 1500万円
  • フォークリフトに
    足を轢かれ骨折

  • 支払わず
  • 裁判

  • 2000万円
  • 落下事故で死亡

  • 保険金のみ
  • 請求

  • 2700万円
  • 落ちてきた建材が
    直撃し骨折

  • 保険金のみ
  • 請求

  • 1000万円

事故発生から解決までの流れ

  • 事故発生

    主治医の指示にしたがい、定期的に通院しましょう。
    痛みやしびれなどの自覚症状はきちんと主治医に伝えましょう。
    原因究明のため画像検査や専門医の診察を受けましょう。

  • 労災保険給付申請

    労災事故に遭った時は労働基準監督署に労災保険の給付申請をしましょう。
    会社が労災の申請をしない場合は労働基準監督署や専門家に相談されることをお勧めします。

  • 会社との交渉

    会社側が提示する金額が明らかに低い場合や責任を全否定して労災事故の賠償を会社がしてこない場合があります。
    弁護士に依頼していただくことで会社と対等以上に交渉が可能になる場合があります。

  • 相続手続き

    会社との交渉が成立しない場合は,裁判によって最終的な賠償額を争うことになります。

  • 解決

    会社との交渉や裁判によって労災被害者のために適切な賠償額の実現を目指します。

労働災害に関するご相談は初回無料です。 TEL:022-290-1350 受付時間 受付時間11:00〜20:00 まずはお気軽にお問い合わせください。

労働災害を弁護士に依頼するべき理由

  • 弁護士に依頼すると・・
  • 治療中
  • 障害等級認定の申請に向けてどのような治療を受ければいいか、検査をすればいいのかのアドバイスを無料で受けられる。

    証拠資料の収集についてアドバイスを無料で受けられる。
    事業主が労災申請を拒否した場合などに労災保険申請を代行できる。
  • 後遺障害
    等級認定
  • 医師面談に同行し、適切な後遺障害診断書が作成されるように無料で協力できる。
    無料で後遺障害申請手続の代行ができる。

    ご自身の後遺障害について認定された障害等級について正しいかどうかの判断をし、状況次第では審査請求や訴訟で上位等級が狙える。
  • 示談交渉
  • 労災事故での会社に対する損害賠償請求や示談交渉で強力な交渉力を発揮。

    被害者の方は泣き寝入りすることなく、煩わしい法的手続から解放される。
    会社側の提示金額より大幅に増額する可能性がある。
  • 裁判
  • 裁判基準での最大限の損害賠償金を獲得できる可能性がある。 
    被害者の方は泣き寝入りすることなく、煩わしい法的手続から解放される。

新着情報

※身体の怪我・死亡事故に限ります

後遺障害の高い等級が認定されると、
高額な賠償金を獲得することができます

障害等級は、労基署が1~14級まで規定した障害等級表にあてはめて認定することになっています。

障害等級によって、障害(補償)年金、障害特別支給金、障害特別年金などの給付金が大きく変わってきますので、どの等級に認定されるのかは被災労働者にとってとても重要な問題となってきます。

また、会社に安全配慮義務違反等の責任がある場合に会社に対して損害賠償をするときも、障害等級認定がされているか否かで賠償額が著しく大きく変わってきます。

したがって、被害者様やその家族にとって充実した補償を受けるためには,症状に応じた適切な障害等級認定がされているかどうか非常に重要になります。

⑴ 治療中の方へ

主治医の指示にしたがい、定期的に通院しましょう。
痛みやしびれなどはきちんと主治医に伝えましょう。
原因究明のため画像検査や専門医の診察を受けましょう。

⑵ 残念ながら後遺障害が残りそうな方へ

この場合は今後の生活の保障のためにも充実した賠償が必要かと思います。
そのために適切な障害等級認定がなされる必要があります。
障害等級認定において後遺障害診断書がきちんと作成されているかが大事になってきます。
しかし、後遺障害診断書がきちんと作成されているか判断することはとても難しいことかと思います。
医師もほとんど労災保険の障害等級認定制度の内容を知りません。
後遺障害診断書は、きちんとした補償を受けるためにもっとも重要な証拠です。
後悔しないように、事前に後遺障害に精通している弁護士に相談することをお勧めします。

⑶ 障害等級認定がされた方へ

認定等級が正しいのか,ご自身で判断するのは不可能に近いと思います。
障害等級表には,例えば「局部に神経症状を残すもの」(14級9号)としか記載されておらず、どのようなものが認定されるのかは全く分かりません。
この障害等級表の認定基準を詳細に記載された認定基準がありますが、一般の方がこれを理解するのは無理がありますし、その行間や実務的な運用などを含めて判断するのは不可能です。ですので、等級認定が行われたときには是非とも適切な障害等級認定がされているのか専門家(弁護士)に相談してみて下さい。

十分な補償を受け取れていますか?

  • 解決事例アイコン
  • 依頼前
  • 依頼後
  • プレス機で
    指を複数切断

  • 支払わず
  • 裁判

  • 1500万円
  • フォークリフト
    に轢かれ骨折

  • 支払わず
  • 裁判

  • 2000万円
  • 落下事故で
    死亡

  • 保険金のみ
  • 請求

  • 2700万円
  • 落ちた建材が
    直撃し骨折

  • 保険金のみ
  • 請求

  • 1000万円

事故発生から解決までの流れ

事故発生

主治医の指示にしたがい、定期的に通院しましょう。
痛みやしびれなどの自覚症状はきちんと主治医に伝えましょう。
原因究明のため画像検査や専門医の診察を受けましょう。

労災保険給付申請

労災事故に遭った時は労働基準監督署に労災保険の給付申請をしましょう。
会社が労災の申請をしない場合は労働基準監督署や専門家に相談されることをお勧めします。

会社との交渉

会社側が提示する金額が明らかに低い場合や責任を全否定して労災事故の賠償を会社がしてこない場合があります。
弁護士に依頼していただくことで会社と対等以上に交渉が可能になる場合があります。

裁判手続き

会社との交渉が成立しない場合は,裁判によって最終的な賠償額を争うことになります。

解決

会社との交渉や裁判によって労災被害者のために適切な賠償額の実現を目指します。

労働災害に関するご相談は初回無料です。 TEL:022-290-1350 受付時間 受付時間11:00〜20:00 まずはお気軽にお問い合わせください。
 

労働災害を弁護士に依頼するメリット

  • 弁護士に依頼すると・・
  • 治療中
  • 障害等級認定の申請に向けてどのような治療を受ければいいか、検査をすればいいのかのアドバイスを無料で受けられる。

    証拠資料の収集についてアドバイスを無料で受けられる。

    事業主が労災申請を拒否した場合などに労災保険申請を代行できる。
  • 後遺障害
    等級認定
  • 医師面談に同行し、適切な後遺障害診断書が作成されるように無料で協力できる。

    無料で後遺障害申請手続の代行ができる。

    ご自身の後遺障害について認定された障害等級について正しいかどうかの判断をし、状況次第では審査請求や訴訟で上位等級が狙える。
  • 示談交渉
  • 労災事故での会社に対する損害賠償請求や示談交渉で強力な交渉力を発揮。

    被害者の方は泣き寝入りすることなく、煩わしい法的手続から解放される。

    会社側の提示金額より大幅に増額する可能性がある。
  • 裁判
  • 裁判基準での最大限の損害賠償金を獲得できる可能性がある。

    被害者の方は泣き寝入りすることなく、煩わしい法的手続から解放される。
  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • 労働災害のQ&A